foglessとは?
 
フォグレスは現代人の生活を取り巻くコンテンポラリー・カルチャーを、ロンドンからお届けするウェブサイトです。映像、音楽、ファッション、デザイン、食などコンテンポラリー・カルチャーを支える諸分野を意識しつつ、まずは私達がもっとも重視する現代アートに焦点をあて、最新情報をロンドンから発信しています。つまりは現代アート専門のウェブサイト。フォーカスは汎ヨーロッパになります。
 
誕生
  
2001年1月、ロンドン北西部チョーク・ファームにて誕生しました。本部はかつてパブの物置だった小さなフラット。発起人はわたくし美術ライターの伊東豊子(トコ)と、私の長年にわたるよき理解者のクマさんの二人。現在はクマさんは冬眠中。時々ボランティアさんに手伝ってもらいながら、基本、個人形態で運営しています。
  
なぜ「fogless」?
 

フォグレスとは、一般的に、スキーゴーグル等で曇らないモノのことを言いますが、私たちが拠点をおくロンドンも、かつて「霧の都」と呼ばれた街。そんな街を舞台に、原価10万円のものが軽く1千万、1億に跳ね上がったりするアート業界もまた、霧に覆われた謎の世界。その怪しげな霧を晴らすべく、サイトの名前を「fogless」とつけました。

 
なぜ「現代」?
 
フォグレスでは現代社会のなかで生み出されたものこそ、現代人の私達に最も関わり合いのあるものと考えています。よってそれがアートであろうと、対象はお蔵入りした過去のものではなく今現在の、最も新しいものに焦点を当てています。
 
掲載内容
 
ブログ形式の「フォグレス日誌」、展覧会レビュー、インタビュー記事、ギャラリー情報がメイン。カフェとバーのレビューも載せていますが、情報がちょっと古いです。カレンダーも長いこととまっています。悪しからず。
 
掲載周期
 
不定期です。「これは面白い!」「これははずせない!」といった重要なトピックがある時は、必ず掲載しています。時間がなくてレビューやスペシャルレポートを載せられないときは、ダイアリーにこまめに書くようにしています。更新が途絶えているときは他の雑誌で書いていることがほとんどにつきご容赦を。
 
運営体制
 
foglessには広告が一切ないとおり、完全プライベート、つまり、個人資金、平たくいえば自腹で運営しているサイトになります。他誌さんで稼いだ原稿料をこっちに投入しているという噂もあったり(?)
 
運営スタッフ
 
伊東豊子(トコ)ライター、ブロガー、カメラマン、ウェブデザイナー…なんでも屋 
クマ冬眠中 
   
 
お問い合わせ
 

□ フォグレスの掲載内容、活動内容について
□ 取材、執筆、撮影の依頼などについて
editor@fogless.net

 
 
ボランティア募集
 
フォグレスではお手伝いしてくれるボランティア・スタッフを募集しています。条件はロンドン在住でビジュアル・カルチャーに関心のある方。編集や執筆の経験のある方や、撮影や翻訳の経験のある方であればなお歓迎です。下記までご連絡ください(冬眠中はお返事できないこともありますが…)。
volunteer@fogless.net
 
 
 
 
 
 
 
 

 


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。