12月31日

2004年回想録 

 

あと数時間で今年も終わり。今年の締めくくりとして、一年間を振り返ってみることにしたが、幸か不幸か浮かぶのはアートのことばかり。(以下、珍しく長文です。お許しを。)

Foglessの2004年は、アーティスト30名がAldwych駅に集結した『Minus One』で開始。こちらは、一歩下がったところにいながらも隅に置けない作家達に焦点をあてた企画。キュレーターを務めた画家の伊東篤英氏をはじめ、食をテーマに活動するアーティストの田中紀子氏、映像作家のスティーブン・イーストウッド氏にインタビューをした。

2月は、ICAのオフサイト会場で行ったオノ・ヨーコ展。そしてフォトグラファーの栗田敬子さんとの出会い。この撮影は、彼女から大学の課題で有名人を撮らなければいけないという事情を聞いてお願いしたものだったが、出来た写真を見て甚く感動。30分足らずの内覧会でよくあれだけ撮れたと感心した。以来ずっと彼女の写真の隠れファンだったりする。

3月は『New Blood』&ステラ・ヴァイン。ステラに初めて会ったのがこの内覧会。新聞で「サーチのお気に入りは元ストリッパー」と騒がれていただけに、当日、ノーメークにポニーテール、ジーンズにトレーナーという「素朴」な姿で現われたのにはびっくり。話をしてみると、画家としてのキャリアは浅いものの、オールドストリート界隈にギャラリーを経営しているとか。アートのことで話しが弾み取材であることを暫し忘れた。

4月は河原温の『Reading One Million Years』。帰国中の私に代わって鈴木智子ちゃんと栗田さんが取材。トラファルガー広場で24時間体制で開かれたパフォーマンスを、24時間がかりで取材。作品のコンセプトに呼吸を合わせた二人に、作家の代理できていた奥様がいたく感動して下さったとか。(実はこのことを後で知った私は「女のコがそんな夜中に!」と青ざめたが、逞しい彼女たちは新聞社の男性取材陣らを護衛にスマートにこなしたとか。フォト・レポートも)

5月は、美術品管理会社モマートを襲った火災。今は亡き画家パトリック・フェロンの油彩50点が灰になった他、チャップマン兄弟の『Hell』などチャールズ・サーチの所蔵品100点以上が焼けた。ジャーナリストのなかには、ブリット・アートの被害が多く出たこの火災を拍手で迎える者もいたが、これに対しテートの館長が先日ターナー賞の授賞式で、「ナチス政権下のドイツで焚書が行われた時の反応を思い出させる」と発言。(BBC

6月は、アート・バーゼル。出発前日に航空券購入という無謀な計画だったが、先方の寛大な対応のおかげで取材陣として無事参加。全体でフリーズ・アートフェアの3倍はあろうかという会場内を歩き回り、娯楽性の高い「楽しい」アートに触れるなか、イギリスのアートがいかにコンセプトに凝り固まっているかということを思い知らされた。正直言って、プレスリリースがあったのはイギリス人のブースくらい。

7月は、都築響一氏。アーティストである前にジャーナリストである氏は、観に来てくれた人に作品について熱心に語るコミュニケーションの人。「僕はアートの大事な役割っていうのは教養とかじゃなくて、嫌な事ばかりの世の中をどうしたら気持ちよく過ごせるのか、どうしたらポジティブに生きられるのか、ということだと思うんだよね」。インタビューをした時に言っていたこの言葉は、自分の作品のことしか頭にないアーティストが多いなかとても新鮮に響いた。

8月は、再び日本。近畿中国地方の美術館を訪問。新幹線、在来線、宿泊を挟んで、フェリー、パスと乗り継いで行った地中美術館は、宗教的トーンの強いタレルやデ・マリアの作品の影響もあり、鑑賞までが巡礼の道のように感じられた。インサイダーとアウトサイダーの境界線をなくす目的のもと開館したボーダレス・アートギャラリーは、イギリスのメディアに知らせてみたところ感触あり。智子ちゃんの協力のもと『Raw Vision』で紹介された。もっと日本のアートシーンをイギリスに広めたいと思った。

9月は、ティルマンス。『Esquire』用に取ったインタビューだったが、1時間半に渡るテープを起してみたところスクリプトが14ページも。私ひとりの胸のうちに留めておくのも悪い気がして、作家と雑誌社の承認を得て他でも書かせてもらった。一番印象に残ったのは、彼がアートを社会活動として行っている点だった。社会とアートは切り離せない。これはfoglessの基本理念でもあるため、彼からこの言葉を聞けてとても嬉しかった。ネットではこちらで読めます。

10月は、アートフェア3つグレゴール・シュナイダー。Frieze, Zoo, scopeLondonの3会場をフォトグラファーの多和田有希ちゃんと駆け巡り、ケイト・モスらセレブが到着する前に疲れきって退散(体力負けです)。一方、シュナイダーの展示は、家二軒と双子のパフォーマー3組を使って瓜二つの世界を作り上げた世にも奇妙な展示だった。それにしても、美術展で人の自慰行為を見る羽目になろうとは予想外。

11月は、サーチ。2005年は絵画の年、ブリット・アートを展示から外す、と表明(BBC)。その少し後に、サーチが一年も前に所蔵品2500点以上を餌にテートに近づいていたことが発覚し、ブリット・アートの時代は終わったという印象を世間に振りまいた(BBC)。そしてつい先週、アメリカのディーラーを通して謎のコレクターがサーチの看板、『鮫』を12億円での手に入れようとしているという報道が(BBC)。いよいよ国外流出になってしまうのでしょうか…。

12月は、やっぱりターナー賞。授賞式の数日前に美術関係者500人に対し、史上もっとも影響力のあるモダンアート一点を選んでもらうというアンケートが行われ、デュシャンの便器こと「泉」が一位になり、「コンセプト」が「物」に勝ることをシンボリックに語った(BBC)。その直後に起きたジェレミー・デラーの受賞。「作るよりも何かを起させることに関心がある」と語る彼は、「物」より「イベント」、「物」より「アイデア」の人。業界の声を如実に反映しているような…。(トコ)

12月31日

余談…

 

土屋信子インタビュー @ DAZED&Excite
『The Guardian』で先月、期待の若手アーティスト7名に選ばれた土屋信子さんにインタビューをしました。土屋さんには去年、ヴェニス・ヴィエンナーレでデビューを飾った際にフォグレスでも取材をさせて戴きましたが、今回は当時のことからロイヤル・アカデミースクール時代を経て現在に至るまで色々とお話を伺いました。
Big Congratulation
(トコ)

12月20日

Beck's Futures 2005 

 

6年目を迎え、若手アーティストの登竜門としてすっかり定着したベックス・フューチャー(Beck's Futures)。そのノミネート者6名が先週発表された。

ヴォルフガング・ティルマンスら5人の審査員が選んだ今年の候補者は、ジェレミー・デラーに栄冠が上がったターナー賞の影響もあってか、一つのカテゴリーにすんなりと収まらないアーティスト。パフォーマンスと絵画とか、インスタレーションと音楽と文筆活動とか、時にヴィジュアルアートの範囲を超えて複数のメディアを扱う作家の存在が目立つ。

また、賞が成熟期に入ったことを物語るように、今年からノミネート者の数がこれまでの10名から6名に変更された。若手ながらもプロに負けない質の高いアーティストに的を絞り、これまでの"数で勝負"だった大学の卒業展レベルの展示を、より本格的なものにしたいという主催者側の狙いが伺われる。

 

















上)Lali Chetwynd
スターウォーズのキャラクター、ジャバ・ザ・ハットに発想を得たパフォーマンス

下)Daria Martin
ダンス、パンク、抽象フォルムが入り乱れた美麗かつシュールなパフォーマンス映像。エントウィッスルの「Paris is Burning」展(03年)でも発表されています。

一方、昨年重視された多文化性・国際性の方は今年はマイナーな課題だったようで、選出者のほとんどが英国出身者となっている。審査員によって選考の傾向がガラリと変わる点は、ターナー賞同様とても英国らしいが、この国内重視の姿勢には少々残念なものを感じなくもない。

受賞者の発表は来年4月下旬。ノミネート者の展示はICAにて、来年3月18日から5月15日まで行われる。(トコ)

ノミネート者:
Lali Chetwynd(絵画・パフォーマンス), Luke Fowler(フィルム), Ryan Gander(multi-disciplinary - 多分野), Daria Martin(フィルム), Christina Mackie(立体的インスタレーション), Donald Urquhart(ドローイング&パフォーマンス)

Beck's Futures のサイト

ICAのサイト
Beck's Futures 2004(日誌
Beck's Futures 2003(日誌
Beck's Futures 2002(日誌

12月20日

Deutsche Borse Photography Prize 2005

 

「まさかあのシティーバンクがスポンサーから降りるとは!」。そう思われた方も多いはず。そう、こちらの賞は、写真界のターナー賞と言われたシティーグループ・フォトグラフィー・プライズの代わりに新たに設けられた賞で、ドイツ証券取引所(Deutsche Borse)がスポンサーを務めるもの。

こうもはっきり名前が変わると、同じ賞として扱うには少々抵抗が感じられる。が、実のところ、賞のフォーカスが英国国内からヨーロッパ全体に広がったという点を除いて、基本的にはシティーバンクの時と同じ。主催はウェストエンドにあるフォトグラファーズ・ギャラリーで、過去一年の間に写真というメディアに最も貢献した作家に与えられることになっている。

今回のノミネート者は以下の4名:ルック・ドラエ(Luc Delahaye), JH エングストローム(JH Engstrom), ヨルグ・セッサ(Jorg Sasse), スティーブン・ショアー(Stephen Shore )

ルック・ドラエ(フランス、1962生)は、ブラッドフォードの国立写真映画テレビ博物館(National Museum of Photography, Film and Television)での展示が評価されて選出。ドラエは中東からグランド・ゼロまでテロ問題の最前線をカメラに収めている報道写真家だが、その写真には、内容の現代性に反し、19世紀の戦争写真や歴史画を髣髴させるところがある。

JH エングストローム(スウェーデン、1969生)は、友人のポートレートや室内の写真、情緒性溢れる風景写真で綴られた写真集『Trying to Dance (Journal, 2004』が評価されてノミネート。リリカルなカラー写真と、灰汁の強いモノクロ写真をミックスしたような独特なスタイルに定評がある。

ヨルグ・サッセ(ドイツ、1962生)は、フランクフルトのGalerie Wilma Tolksdorfでの展示が評価されてノミネート。彼のアプローチは、「撮る」というよりは「見つける」。写っているものは田園風景から室内インテリアまで様々だが、その手に掛かると日常のすべての物が抽象的なパターンに変わってしまう。その徹底振りは時にモンドリアンを思わせるほど。

スティーブン・ショアー(アメリカ、1947生)は、写真集『Uncommon Places: The Complete Works (Thames & Hudson, 2004)』が評価されノミネート。他の3人よりも一世代前に属す彼は、わずか6歳で写真を始め、14歳で当時ニュ−ヨーク近代美術館の学芸員だったエドワード・スタイケンに見い出され、17歳でウォーホールのファクトリーに加わった凄い経歴の持ち主。ウィリアム・エグルストンと並びカラー写真の大家と見なされている。

受賞者の発表は5月11日。ノミネート者の展示はThe Photographers's Galleryにて、来年4月8日から6月5日まで行われる。(トコ)

Photographers's Galleryのサイト
Citigroup Photography Prize 2004
レビュー
Citigroup Photography Prize 2003(レビュー
Citigroup Photography Prize 2002(レビュー
Citigroup Photography Prize 2001(レビュー

12月16日

お騒がせなロイヤル・アカデミー 

 

口座から80,000ポンドが消えている事が発覚し、8月に学長辞任劇が起きたロイヤル・アカデミー・スクール。今度はそのスクールの親、236年の歴史を持つロイヤル・アカデミーですったもんだが。

まずは、6週間前のこと。5年間会長を務めた彫刻家のフィリップ・キングが、突然辞任を発表した。理由は健康上の問題とのことだったが、スクール内での横領騒ぎ、警察による出入りがあった直後とくれば、みな色々と勘ぐるもの。内部から圧力が掛かったのではないかとの噂が業界内に飛んだ。

これに続いて先週、アカデミー初の女性秘書官ロートン・フィットが辞任。ゴールドマン・サックス社の上層幹部だった彼女は、かつて米国で、有力なビジネスウーマントップ50に数えられたやり手で、
就任時には盛大な拍手を持って迎えられた。が、米国式ビジネススタイルがアカデミーの古い体質に合わなかったのか、わずか二年で退陣。

しかし興味深いことに、この後者の退陣劇を追っていくと、その裏にはアカデミー一の実力者と囁かれるエキシビション・ディレクター、ノーマン・ローゼンタールの存在が浮かび上がる。ローゼンタールは話題になった展覧会「センセーション」のキュレーターを努めたアカデミーの功労者で、マネジメントのトップのフィットに対し、展示企画側のトップといった存在。

よくあるビジネスとアートとの対立の例に倣い、この二人は日頃から対立していたという噂。ローゼンタールの解任要求をフィットが役員会に出したとまで報道されている。だが、アーティストからの信頼が厚い彼を標的にしたのは賢明ではなかったようで、デイヴィッド・ホックニーピーター・ブレイクらロイヤル・アカデミシャンがそれに猛反対。これが直接の引き金になったかどうかは明確にされてないが、辞めたのはフィットだった。

まあ何人辞めようが、たかが美術団体の人事。だが、二世紀以上にわたる歴史と王立の名、そして絶大的な影響力がありながらもすべてが秘密裏に行われる民間組織という体質のせいか、この2つの辞任劇は新聞で大きく報じられた。そして、周囲が見守るなか今週火曜日、次期会長の選出会議が開かれ、エデン・プロジェクトなどの設計で知られる建築家のニコラス・グリムショーに決定した。

グリムショーに期待されている目下の課題は、アーティストと建築家で構成されるロイヤルアカデミシャン側とマネジメント側との間に生じてしまった亀裂の修復。加えて、年間23ミリオンポンド掛かるというアカデミーの運営資金の調達といったところ。

8月の80,000ポンド(約1千6百万円)消失事件に加え、8年前には財務担当者が400,000ポンド(約8千万円)の横領事件を起こすなど、何かとお金でお騒がせのロイヤル・アカデミー。「モネ」展や「アステカ」展などのブロックバスター企画を次々に出しながらも、経営は苦しいらしい。でもそれも分からなくないような…。(トコ)

The Timesの記事
The Guardian の記事
学長辞任劇については8月25日付けの日誌

12月16日

ギャラリー廻り:ウェストエンド
 

■ Cindy Sherman @ Spruth Magers Lee
ロンドンの'画廊'での個展は、意外にも今回が初めてというシンディ・シャーマン。サイケなパターンを背景に、彼女が様々なピエロに扮して登場する"ピエロ"シリーズを発表。奇抜なファッションが目を惹くこのシリーズは、昨年の春、『British Vogue』からゲスト・エディターとして招待されたのを機に生れたもの。そんな事情もあってか、最初の頃はコスチュームに重点が置かれていたが、今回の展示品ではデジタル加工に集中。シャーマンにしては珍しく一枚の写真に本人が複数登場する"グループ・ショット"となっている。
Spruth Magers Lee, 041125 - 050115

■ Urs Fischer @ Sadie Coles HQ
風船がほうきを持ち上げている。宙に浮いた大砲から椅子が飛び出している。ロス、ベルリン、チューリッヒの三都市を拠点に活動するウルス・フィッシャーの立体は、「どうしてこんなことができるの?」という不思議に満ちている。物理の法則に反しているように見えるスカルプチャーは、一見そこら辺の物を使った作品に見えて、実はアルミニウムで拵えた正真正銘のスカルプチャー。そうと知って眺めると、空間に軽やか存在することが、ますます不思議に感じられてくる。お勧めです。
Sadie Coles HQ, 041201 - 050115

Michael Landy @ Thomas Dane
テート・ブリテンでつい先週まで自宅のレプリカを発表していたマイケル・ランディーの個展。ドローイング20数点と映像1点で構成されたこちらのショーは、テートの作品「Semi-Detached」のおまけみたいなもの。ここでもランディーの関心は父親に集中し、描かれているのはライターからハエの死骸まで父親の部屋で見つけたもの、或いは、紫色に変色し血管が浮かびあがった父親の手足。同じく、映像でも映っているのは父親の部屋。「Semi-Detached」を観た人には特にお勧めです。
Thomas Dane, 041201 - 050122

■ Vera Lutter @ Gagosian Heddon Street
ヴェラ・ルッターの作品は、特性のピンホールカメラで撮影した、何とも壮麗なモノクロ写真。写っているのは、ピンク・フロイドのアルバム・カバーでもお馴染み、四本の白い煙突がトレードマークのバタシー発電所。ロンドンのランドマークのひとつであるこちらは、1930年代から約半世紀に渡り電力を供給し82年に閉鎖、最近レジャー施設としての再開発が始まった場所。パッと見、レントゲン写真のような作品は、ルームサイズのカメラ・オブスキュラを使って、何時間も何日も、時に何週間もの長時間露出で撮影したものとか。圧巻です。(トコ)
Gagosian Heddon Street, 041014 - 051217(今週まで)

12月6日

ターナー賞2004 受賞者発表
 

今年のターナー賞受賞者が、ジェレミー・デラー(Jeremy Deller)氏に決定した。

「コンテンポラリー」過ぎて展示できない作品が出るなどハプニングに見舞われた今年のターナー賞。しかし、審査員が選んだのは業界内で支持が最も高かった本命の中の本命。チャップマン兄弟と騒がれグレイソン・ペリー氏が受賞した去年とは対極をなす無難な結末となった。

 



Jeremy Deller, Memory Bucket 2003,Courtesy the artist, Art Concept Paris and The Modern Institute, Glasgow

デラー氏は受賞の挨拶で、「この賞をロンドンのすべての自転車利用者、野生動物とコウモリの保護にあたっているすべての人、クエーカー運動、そして一緒に仕事をしてきた全ての人に捧げます」とコメント。

デラー氏の作品は、「作るよりも何かを起させることに関心がある」と、番組の中で自ら語っていた通り、その多くの場合が大勢の人を動員するイベント形式をとっている。

代表作には、80年代の炭鉱労働者と警察との衝突を、当事者を含む参加者1000人以上を用いて再現した『The Battle of Orgreave』や、スペインのサン・セバスチャンで催した身障者や同性愛者ら社会の弱者層を集めたパレードなどがある。(トコ)


詳しくはテートのサイト


12月4日

展覧会レビュー
 

久しぶりにレビューを書きました。

Marlene Dumas @ Frith Street Gallery
ヨーロッパで今最も注目を集めている画家のひとりが、サーチ・ギャラリーでもお馴染み、こちらのマルレーネ・デュマス。ロンドンでの個展は'99年以来という久々の登場。

Roni Horn @ Hauser & Wirth
写真で有名なロニ・ホーンの知られざる一面が覗けるショー。世界に名だたるHauser & Wirthだからできる、商業ギャラリーらしからぬ娯楽性のある展示。

2005年1月へ
 
2004年11月へ



Top

Home


  
  
 
  
   







fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。

 

このページの掲載内容

2004年回想録(12.31)

余談…(12.31)
土屋信子

Beck's Futures 2005 (12.20)

Deutsche Borse Photography Prize 2005 (12.20)

お騒がせなロイヤル・アカデミー(12.16)

ギャラリー廻り:ウェストエンド(12.16)
C. シャーマン
U. フィッシャー
M. ランディー
V. ルッター

ターナー賞2004(12.06)

展覧会レビュー(12.04)
M. デュマス
R. ホーン