Francis Alys, Seven Walks
Commissioned and produced by Artangel, 2005

Guards 2004-5 Photos by Thierry Bal
courtesy Artangel




誰もいない真夜中の美術館に「狐が出た」とか、バッキンガム宮殿の衛兵交替でおなじみの「赤と黒の兵隊が街に現われた」とか、そんな噂を耳にしていないだろうか。もししていたら、それはアートエンジェルが主催するこの秋の企画展のひとつだ。

噂の種をまいた張本人は、この展示の話を持ちかけられた当初「噂を美術作品にしたい」と提案したと言われるベルギー生まれ、メキシコ在住のフランシス・アリス。歩くことを作品にしている一風変わった作家で、第二のふるさとであるメキシコシティーでの徒歩歴は15年、今回の展示のためにロンドンを歩いた期間は5年。ただ黙々と歩くこともあれば、氷の塊を押したり、牛乳を配達しながら歩くことも。また、時にはロマンチック路線に走ることもあり、99年のヴェネツィア・ビエンナーレでは友人のオノレィ・ドゥオウ(今年のベルギー館代表)と二人、片や空港、こなた駅と別の入口からヴェネツィアに入り、ロミオとジュリエットのようにお互いを探しながら街を彷徨い歩いたとか。それもチューバを吹きながら。


Francis Alys, Seven Walks
Commissioned and produced by Artangel, 2005

(上)Railings 2004 Photos by Thierry Bal
(下)The Nightwatch 2004 Photos by Rafael Ortega
courtesy Artangel

そして今回は狐に兵隊に鉄柵叩きの男。狐が放たれたのは歴代ロイヤルファミリーの肖像画が並ぶ深夜のナショナル・ポートレート・ギャラリーで、展示室を気ままにうろつく狐を美術館の監視カメラがキャッチ。その映像を編集して一本にまとめたのが「The Nightwatch」。一方、休日早朝の金融街シティーで行進をするコールドストリーム・ガード(英国近衛軍楽隊)64名を映像にまとめたのが「Guards」。ヴェネツィアの作品の発展版ともいえるこの作品では、64名の隊員がそれぞれ違う経路でシティーに入り、道で出くわしたら共に隊列を組み行進するという指示のもと、8X8の隊形になるまで街の中をマーチし続けるというスペクタクルな演出がなされた。これら二作に、作家自身がロンドン市内各地の鉄柵をたたきながら歩いた映像作品が加わり、「Seven Walks」という総題で括られている。

つまり、はっきり言ってかなりぶっ飛んだ作品なのだが、また一体なぜこんなものを?


Francis Alys, Seven Walks
Commissioned and produced by Artangel, 2005

Guards 2004-5 Photos by Thierry Bal
courtesy Artangel

その答えを出すには、作家自身の「ロンドンは世界でも最も監視カメラが密集している街」という言葉が鍵となるようだ。それを踏まえてこれらの作品を見ると、英国内に約四百万台、国民14人当たりに一台、ロンドン市民に至っては一日平均300回捕らえられるという、監視カメラに溢れた英国の現状を風諭した作品であることがわかってくる。館内のどこに行こうがカメラにしっかり捕らえられている狐は、美術館に狐という突飛な組み合わせゆえに笑えてしまうが、本来ならばそこに映っているのは来館者である私たちの姿だ。軍楽隊のゲームのような行進も、一見、イギリスのポストカード的イメージに飢える観光客を対象としたパフォーマンスのように見えて、その機械的な動きが人間の格好をした監視カメラを、また、7月7日の同時爆破テロ以降、目に見えて増えた市内をパトロールする警官を彷彿させる。

つまりは喩え。ジョージ・オーウェルが『動物農園』でロシアの共産主義への移行をブタやヒツジなどの動物を通じて表したように、アリスはロイヤルファミリーの肖像画、狐、女王陛下の軍楽隊などを通じて現代の監視社会を遠まわしに表現。それも見ているうちにじわりと伝わるように、突飛で大胆な演出のなかに苦味を隠し味程度に忍ばせる。そのさじ加減の上手さがアリスの絶妙なところだ。

Francis Alys
Seven Walks, London 2004 -5
Commissioned and produced by Artangel, 2005

会場1)
21 Portman Square, London W1
火−日:1100 - 1900 (木2100まで)
月曜休み

会場2)
National Portrait Gallery,
St Martins Place, London WC2
月ー日:1000 - 1800 (木金2100まで)

050928-051120
www.artangel.org.uk


Top

Exhibitions

Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。