Andreas Gursky, May Day II, 1998, Zabludowicz Collection




「モダニズムは抽象への道」。美術史系の本なんかを読んでるとこんなフレーズに出くわすことがあるが、この「Faces in the Crowd」展の場合、そのまったく逆。抽象に対するもうひとつの流れ、具象を通じてモダニズムを見ていこうとする試みだ。マネからクリス・オフィリまで時代にして約一世紀半、アーティスト100人以上の作品が展示されている。

具象なんて書くと、「結構古臭いのかなあ」と思う人もいるかもしれないが、この展覧会、お堅いキーワードのわりには「今」を感じさせる。「人」に焦点を置いたキュレーションが良かったのか、美術史の教科書によくある様式や「イズム」を強調する傾向はまったくなし。美術の歴史というよりは、人間の歴史として作品を楽しむことができる。

また、絵画に走りがちなモダニズムを扱いながらも、写真や映像など現代メディアが混在している点もこの企画の魅力。そのまとめ役になっているのが、カフェライフや戦争、労働者や娯楽などの各時代を緩やかに特徴づけるのテーマの存在で、カフェライフの場合、ロートレックやベックマンの油彩とブラッサイの写真が一緒に。これが労働者になると、レジェの油彩、ロドチェンコやアウグスト・サンダーのモノクロ写真、ウィリアム・ケントリッジのアニメーションという取り合わせ。

さらに、展示の半分が70年代以降のコンテンポラリー・アートに捧げられている点も、モダニズムの企画としては異色だ。ナウマンやアコンチら60年代前衛アーティスト、シャーマン、ゴールディン、プリンスら80年代にブレイクした写真ベースの作家、さらにアンリ・サラ、フランシス・アイリスら今話題の映像作家と、この後半の展示だけでひとつの展覧会になるほど充実したセレクションになっている。


Edouard Manet, Masked Ball at the Opera, 1873
Gift of Mrs. Horace Havemeyer in memory of her mother-in-law, Louise W. Havemeyer National Gallery of Art, Washington


これだけ作品の時代と種類が広ければ、観る人の層も学生から年配の方まで様々(本当にホワイトチャペルにしては珍しく年配の方が沢山いました)。ある印象派フリークの年配の方は、「あんなマネの絵があるなんて知らなかった。凄く綺麗だったと思う」と絶賛。また、某美大生は「ジェレミー・デラーの『The Battle of Orgleagea』をやっと見れた」とご満足のよう(結構長かったようですが)。

ちなみに私のお気に入りは、ヨーゼフ・ボイスの有名ながらも今回初めて観たパフォーマンス映像『Coyote』。この作品はヴェトナム戦争真っ只中の1974年、反戦の意を込めてアメリカの大地を踏むことを拒んだボイスが、フェルトの毛布に包まれてニューヨークの空港からギャラリーまで「配送」され、その後一週間に渡りコヨーテと寝食を共にした体験が収録された映像。アヴァンギャルドの金字塔にこんなところでお目にかかれるとは思わなかった。

また先日読んだインタビューの影響もあって、ソフィー・カルのストーカーまがいの作品『Suite Venitienne』もしっかりと印象に。写真とテキストで構成されたこの作品は、パリのオープニングパーティーで会った男をカルがヴェニスまで追跡し、変装をして二週間に渡り彼を尾行・記録し続けた作品。カルの展示品はこの作品一点のみだったが、彼女を世に知らしめた代表作だけあって鑑賞後の満足度は結構なもの。(ちなみにインタビューは最近発売された彼女の作品集についてでした)

観ての感想は大方のところ良好のようだが、中には「これじゃなくて、あれが観れたら申し分なかったのに」と、大作に乏しい点を残念に思う評論家もいなくはない。でも私的には、「自分たちのコレクションを持たないホワイトチャペルにしては上出来」といった感じ。そのうえ、モダニズムという干からびたテーマがこれだけ新鮮に感じられたのだ。今回ばかりは8.5ポンドも惜しくはない。

 

Gillian Wearing
Dancing in Peckham, 1994

Courtesy Maureen Paley Interim Arte

本文中で紹介しなかった主な作家:
アッジェ、ヴェルトフ、ムンク、ボッチオーニ、デュシャン、マン・レイ、ハートフェルド、カルティエ=ブレッソン、キャパ、ホッパー、ウォーホール、リヒター、ハミルトン、ベーコン、マリオ・ジャコメッティ、マッカーシー、ムノズ、ギルバート&ジョージ、カッツ、グルツキー、ディ=コルシア、ウェアリング、マックイーン 等


Faces in the Crowd
041203 - 050306
Whitechapel


Top

Exhibitions

Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。