「写真家の写真家」が集まった今回の「Citigroup Photography Prize」のノミネート者は、ロバート・アダムス、ジョエル・スタンフェルドなど写真家暦30年のベテラン揃い。展示はアメリカの風景で始まり終わる「アメリカ」と「風景」の二点が強調されたもの。

都会化によって破壊されていく自然をテーマとするロバート・アダムス(Robert Adams)は、故郷デンバーを撮った70年代の写真シリーズ「What We Bought: The New World」を展示。雄大なロッキー山脈が見下ろすデンバーは、物質主義を嫌ったジャック・ケルアックら50年代のビートニクをはじめ、多くのアメリカ人に愛されてきた自然の宝庫。「What We Bought」ではそのデンバーの景観が、都会化の象徴である住宅の群れや看板やネオンなどによって汚染されていく様が、脚色を抑えた客観性の強いタッチで捉えられている。

ジョエル・スタンフェルド(Joel Sternfeld)の風景写真はカラーでサイズも大きく、構図もダイナミック。だが彼の場合も対象は変わりゆくアメリカの風景で、時代もアダムスと重なる。8年間に渡ってキャンピング・カーでアメリカを横断しながら撮り続けた「American Prospects」には、アダムスの写真の成れの果てとでもいうように、アメリカの片田舎の風景が見捨てられたディストピアのように記録されている。一方、マンハッタンを捉えた近年のシリーズ「Walking the High Line」ではこの傾向は逆転し、灰色の大都会に緑が侵食していくような、ユートピアとは呼べないまでも都会と自然が共存する風景がそこには収められている。

自然を侵食する産業の足跡は、40年間に渡って南アフリカを写し続けてきたデイヴィッド・ゴールドブラット(David Goldblatt)の展示作品にも覗える。広大な台地に不気味に立ちはだかる巨大な送電鉄塔と、その足元にひっそりと佇むボロ屋。高速道路のすぐ脇で、穀物やスパイスなどの出店を広げる現地の人など、都会化によってもたらされた地形とライフスタイルの変化がそこには記録されている。ゴールドブラッドのレンズの矛先は風景に留まることなく、そこに暮らす人々の生活振りと、貧困が覆いかぶさった彼らの姿にも及んでいる。

ピーター・フレイザー(Peter Fraser)の場合、風景は風景でもごくありふれた日常の風景だ。山岳風景といったパノラマ美には目もくれず、道端に転がる石っころを見つけては、そこに美を見出してきたのがこの写真家の特徴だ。路上に捨てられたミルクの容器や染みだらけの床など取るに足らないものが、彼の手にかかると美なるものへと変化してしまう。今回の展示作品はみなここ1〜2年の間に撮られた新作ばかりとなっている。

受賞者の発表は3月4日にフォトグラファーズ・ギャラリーにて行われる。

伊東豊子(Toyoko Ito)、2004年2月


ノミネート者名:
Robert Adams (US)
Peter Fraser (UK)
David Goldblatt(South Africa)
Joel Sternfeld (US)

2003年のレポートはこちら
2002年のレポートはこちら
2001年のレポートはこちら

Hannah Starkey: Untitled, August 1999

Joel Sternfeld
After a Flash Flood, Rancho Mirage, California, July 1979
from American Prospects.

Courtesy: The Photographers' Gallery




Robert Adams
From the series What we Bought: The New World (Scenes from the Denver Metropolitan Area), 1970-1974.
Courtesy: The Photographers' Gallery


Citigroup Photography Prize 2004
040129- 040328

The Photographers' Gallery
5 & 8 Great Newport Street
London WC2H 7HY
020 7831 1772
www.photonet.org.uk

地下鉄:Leicester Square (Piccadilly, Northern Line)
月―土:1100 -1800 日: 1200 - 1800


Top

Exhibitions

Home

 




Peter Fraser
Untitled, 2002-2003
Courtesy: The Photographers' Gallery

Hannah Starkey: Untitled, August 1999

David Goldblatt
House with two sandbags wired together to keep the roof down, near Phuthaditjhaba, Qwa Qwa. 1 May 1989
Courtesy: The Photographers' Gallery