牛の頭が漬かったケースが床に並んでいる。均等間隔で縦二列に六個ずつ、正面に一個。牛はほとんどが皮を剥がされ、目隠しをされた一頭をだけを除いてみな壁のほうを向いている。正面のケースだけには牛の頭は入っいてない。これらの牛と列を揃えるように、左右の壁には血を浴びた戸棚が六個ずつ並んでいる。正面にも同じ戸棚が一つあり、それを挟むように蝶が軽やかに宙を舞う絵二枚が掛けられている。

戸棚の中にはみな一様にビーカーやフラスコが並んでいるが、生きたまま皮を剥がされたといわれる聖バルトロマイの戸棚には、これらと一緒に鋏や血のついた皮らしきものが置かれている。石打の刑にあったとされる小ヤコブのそれには血糊のついた丸石が飾られ、首吊り自殺をしたユダのそれからは血まみれの管や袋が飛び出している。それぞれ「聖バルトロマイの殉教」「小ヤコブの殉教」「イスカリオテのユダの自殺」と名前がつけられ、全部まとめて「Apostles(使徒)」と題されている。

正面の戸棚は使徒のそれとは違って、染み一つない純白透明で表されている。扉が全開された戸棚の中は神々しいまでの鏡張りで、何ひとつ物が見当たらない。取っ払われた棚板は天を崇めるように戸棚の上に設置され、そこには透明のビーカーやフラスコが供え物のように並び、天辺には精霊を表す白い鳩が留まっている。イエスのエレベーター式昇天だ。

 Damien Hirst
The Suicide of Judas Iscariot
2002

Black powder coated cabinet with stainless steel back plate, medical glassware and various objects
240 x 97.5 x 60 cm
Courtesy Jay Jopling/White Cube (London)
Photo credit: Stephen White © the artist

まるで教会のようだ。
後ろには蝶の羽をあしらった絵画がステンドグラスのような色彩を放っている。しかし、個展のタイトルは "Romance in the Age of Uncertainty"、すなわち、「不安な時代におけるロマンス」となっている。

外のホックストン・スクウェアには人形が立っている。これは脳性麻痺支援団体Spastic Society(現在SCOPE)が60〜70年代頃に街角に設置した募金用の人形(日本のケロ人形みたいなもの)をもとに制作されたもので、ハーストの巨大版では足を怪我した女の子が募金箱を抱えるという姿で表されている。名前は"Charity(慈悲)"。

だが、「Charity」の後ろに回ってみると、お尻が無理やりこじ開けられ足元にコインがばら撒かれている。そのすぐ下には、泥棒が使った鉄梃が置かれている。ギャラリーの中が教会ならば、ホックストン・スクウェアは世俗といったところだろう。その教会を一歩出たすぐ目の前で、キリスト教の本質のひとつである「Charity」が荒らされている。

教会では目の前で起きている現実をよそに、古来に起きた残虐行為が再現されている。これらの残虐行為は崇高なものとして奉り上げられ、ロマンスの域にまで達してしまっている。最近、幾つかのインタビューの中で「神を信じていない」ときっぱりと言い切っているハースト。キリストと十二使徒が眠る教会は「不安な時代におけるロマンス」というよりは、不安な時代における「亡霊」ではないのだろうか。彼の皮肉笑いが目に浮かぶようだ。

 

Damien Hirst
Charity
2002
Acrylic paint on bronze
(685.8 x 243.8 cm
Courtesy Jay Jopling/White Cube (London)
Photo credit: Stephen White
© the artist

Theology, philosophy, medicine, justice,
the four pillars of the ancient earth
long ago collapsed under the weight
of our stillborn charity
(from Damien Hirst "The Cancer Chronicles", 2003)

神学、哲学、医学、正義
古代を支えた四つの柱は
はるか昔に崩壊してしまった
死産した慈悲の重みによって
(デミアン・ハースト「癌の歴代志」、2003年 より)

文・訳:伊東豊子(2003年9月12日) 
© Toyoko Ito, September, 2003


Damien Hirst
"Romance in the Age of Uncertainty"
03/09/10 - 03/10/19
White Cube

 


Top

Exhibitions

Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。