去年は十万人以上が訪れたというこの企画も今年で七回目。今ではすっかり御馴染みのイベントとなったが、今年から名前が少しシンプルになり「Citibank Photography Prize」となった。ノミネート者も一人減り四名になっている。。

ドキュメンタリー返り咲きと評判の今年のノミネート者は次の四名だ。 Jitka Hanzlova (イトゥカ・ハンツローヴァ)、Bertien van Manen (ベルティアン・ヴァン・マネン)、 Simon Norfolk (サイモン・ノーフォーク)、Juergen Teller (ユルゲン・テラー)。

まず一番印象深かったのが、カフェに展示されているノーフォークのアフガニスタンの写真だ。長年の戦争で壊滅状態になった街と建物が十九世紀の風景画のように雄大かつしっとりと写されている。骨組みだけになった寒々しい建物、化石のように置き去りにされた戦車のキャタピラなど悲惨な歴史を辿る物悲しい写真が目立つ。これらはみな十九世紀に使われていた種類のカメラで撮影されたというが、工夫の成果あって作品には今を通り越した時間の厚みが感じられる。

iDやThe Face誌などで活躍する商業写真家テラーは、大小様々のポートレートと風景写真を取り混ぜたインスタレーションを発表。セレブに見えないセレブ達、テラーの湯上りのヌード姿、あんぐりと口をあけた鍾乳洞と展示写真は雑多な取り合わせだが、巧みな配置によって写真間にウィット感溢れる対話が生まれている。特に絶妙なのが、テラーの汗だくの裸体と鍾乳洞の写真との組合せだ。こう隣合せに並べられると、でこぼこした濡れた洞窟が人間の体内のように感じられてくるから不思議だ。

残りの二人の作品はストレートに展示された人物の写真のせいか似たり寄ったりという印象だ。ハンツローヴァはブリックストンで撮ったウェストインディーズ系の女性達の肖像写真を展示。ファッション誌に合いそうな自然で透明感のある写真だが、見ず知らずの人を撮っているせいか表情に軽い緊張感が走り一瞬目を惹く。向かいには樹木などを撮った風景写真が展示されているが、残念ながら両者の対面からはメッセージは特に伝わってこない。

中国で出会った知人や友人を写したヴァン・マネンの写真はハンツローヴァに比べカジュアルでスナップ写真的だ。被写体も食べたり眠ったり踊ったりとごく自然に構えている。個々の被写体が放つ印象は控えめなものの、私生活の匂いが強く漂っているところにナン・ゴールディンっぽさを感じなくもない。でもそれ以上に何かあるかと言うと私には特に伝わってこない。古い顔写真を撮った写真の写真も一緒に展示されているが、こちらもさらりと見れてしまう。

個人的にはノーフォークとテラーの存在が気になるが、受賞の行方はと言うとさっぱりだ。去年も一昨年も期待していた作家には女神は微笑まなかった。そう期待通りにはいかないから逆に面白いのかもしれないが…。発表は2月27日にフォトグラファーズ・ギャラリーで行われる。

伊東豊子(Toyoko Ito)、2003年2月


ノミネート者名:
Jitka Hanzlova (Czech / Germany)
Bertien van Manen (The Netherlands)
Simon Norfolk (UK)
Juergen Teller (Germany / UK)

2004年のレポートはこちら
2002年のレポートはこちら
2001年のレポートはこちら

Hannah Starkey: Untitled, August 1999

Juergen Teller
Bjork with fur head, 1998
Courtesy: The Photographers' Gallery




Simon Norfolk
Former teahouse in a park next to the Afghan Exhibition of Economic and Social achievements in the Shah Shahid district of Kabul. Balloons were illegal under the Taliban, but now balloon-sellers are common on the streets of Kabul providing cheap treats for children.
From the book: Afghanistan: Chronotopia, .
Courtesy: The Photographers' Gallery


Citigroup Photography Prize 2003
030130- 030322

The Photographers' Gallery
5 & 8 Great Newport Street
London WC2H 7HY
020 7831 1772
www.photonet.org.uk

地下鉄:Leicester Square (Piccadilly, Northern Line)
月―土:1100 -1800 日: 1200 - 1800


Top

Exhibitions

Home

 




Bertien van Manen
Weifang travelling by bus, Suzhou, 1998
From the series: East Wind West Wind
Courtesy: The Photographers' Gallery

Hannah Starkey: Untitled, August 1999

Jitka Hanzlov
Brixton (Annie), 2002
Courtesy: The Photographers' Gallery