Sam Taylor-Wood, Still Life
Sam Taylor-Wood, Still Life 2001
35mm Film/DVD, Duration: 3 minutes 44 seconds
Courtesy Jay Jopling/White Cube, London

「Mute (唖)」というタイトルが語るとおり、この展覧会からは音と声が奪われています。音を失ったフィルムは動きが抑え気味ということも加わり、一緒に展示された写真に妙に溶け込んで見えます。

会場に入って最初に目にしたのは、スクリーンに映し出された熱唱する男の姿でした。「Mute」というこのフィルムにはごく一般的な熱唱シーンが映されていますが、音声が奪われているだけに見る側の目をビジュアルへと惹きつけます。そして、普段は目に留まらない細部へと注意を促します。画家にとっての腕に相当する声が奪われた歌い手からは、言いようのない虚しさが伝わってきます。

同様の虚しさは、カラバッジョやセザンヌの静物画を思わせるフィルム「Still Life」からも伝わってきます。Sam Taylor-Wood(サム・テイラー=ウッド)の特徴の一つである名作絵画への言及がみられるこの作品には、時間の経過とともに腐っていく果物が映されています。固定位置から撮影した限りなく静止画に近いこの作品は、観察という言葉が似合うほど客観的な印象を与えます。しかしその一方で、カビに侵され溶けるように崩れ落ちていく腐敗のプロセスからは、命の限りや人生の儚さといったこの世の無常が象徴的に伝わってきます。



Sam Taylor-Wood, Breach (Girl and Eunuch), 2001
35mm Film/DVD projection, Duration: 10 minutes 30 seconds
Courtesy Jay Jopling/White Cube, London

似たような憂いのこもったトーンはフィルムと彫刻からなる「Beach (Girl and Eunuch)」にも感じられます。音声を奪われたフィルムには、床に座り込みさめざめと涙を流す黒服の少女が写されています。スクリーンの斜向かいには少女と対面する形で大きなユニコーンの像が置かれています。ユニコーンは純潔な処女にしかなつかないとされる伝説の動物ですが、このユニコーンは悲嘆にくれるフィルムのなかの少女を慰めているのでしょうか? それにしてはフィルムと彫刻のご対面はシュールで、次元の違いとともに意思疎通ができないという虚しいムードが伝わってきます。



Sam Taylor-Wood, Pieta 2001
35mm Film/DVD Duration: 1 minute 57 seconds
Courtesy Jay Jopling/White Cube, London

これまでの作品の哀愁的ムードとは打って変わり、「Beach」の向かいに展示された無声フィルム「Pieta」からは落着きと余裕が伝わってきます。「Pieta」はキリスト教美術の代表的な主題の一つで、一般的には十字架から下ろされたキリストの体をマリアが膝に抱えて嘆くシーンとして表されます。Taylor-Woodの作品ではこの構図をとるミケランジェロの「Pieta」像がベースとされ、キリストには俳優Robert Downey Jr.がマリアにはTaylor-Wood自身が扮しています。しかし注目すべき点は、ここではマリアもキリストも若さに満ちた健康体として表現されています。これを強調するように規則正しく波打つDowneyの胸からは、体内の隅々にいきわたる生命力が伝わってきます。キリストは生きているのです。

虚しさ、嘆き、苦しみといった感情が作品に込められた今回のショーは、昨今マスコミで報じられてきたTaylor-Woodの2度の癌との闘いを思い出させます。苦しい闘病生活のなかで制作意欲がなくなった時期もあった、と彼女が最近あるインタビューで語ったのを記憶しています。表現をできなくなったその時の彼女は、きっと「Mute」だったのでしょう。作品の解釈にどこまでアーティストの私生活を考慮すべきかは判断が難しいところですが、ことの重大さを考えると作品のトーンの変化に彼女の私生活が影響していないとは言い難いように思えます。4月下旬からHayward Galleryで彼女の回顧展が始まるそうです。彼女の作風の変化をみれる良い機会になるかもしれませんね。

伊東豊子(Toyoko Ito), 2002年3月

"Mute"
Sam Taylor-Wood
011123 - 020112

White Cube 2
48 Hoxton Square
London N1 6BP
020 7930 5373
www.whitecube.com

地下鉄:Old Street (Northern Line)
火―土:1000-1800


Top

Exhibitions


Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。