Hugo Rittson
Karaoke Commandments, 2001

© photo: Kuma, 2001



Jeanine Woollard, Fire Extinguisher, 2000

© photo: kuma, 2001


"Renaissance"
010405-010430

Hoxton House,
34 Hoxton Street,
London N1,
020 8469 2567

地下鉄:Old Street (Northern Line)
月―日1100-1800


Top

Exhibitions

Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。

 

 

YBAで名高いゴールドスミス・カレッジとミドルセックス・カレッジの卒業生6人の作品が「Renaissance」(ルネッサンス)というかなり派手なタイトルのもとお披露目された。

Hoxton Houseの即席風の部屋には、カラフルでキッチュな作品がところ狭しと飾られている。ローラースケートを履いた義足、目玉や唇柄のシールで表面を覆った動物、止まることなく映像が流れ続けるテレビスクリーンと、どれも現代文化どっぶりの作品ばかりでルネッサンスのイメージからは程遠い。カラバッジョの「トマスの不信」(1600年頃)をベースとしたGareth Morganの「Caravaggio」でさえも例外ではなく、抽象的なラインとパターンの前に宗教色がすっかり色あせてしまっている

タイトルのことが最後まで頭から離れず、思い切ってその場に居合わせたアーティストの一人に尋ねてみたところ、「ボクにもわからないんだよね」といって首をかしげられてしまった。キュレータの独断で決まったそうだ。結局謎のまま終わってしまっが、作品の完成度の高さと面白みは、ルネッサンス程ではないものの注目には十分値するようだ。

© 伊東豊子(Toyoko Ito), 2001年4月